歯の模型づくり

インプラントで使われる素材や治療の手順を知っておこう

入れ歯の代わりになる

歯科

港区にある歯科ではインプラントの治療を行なうために歯科用のCTが導入されています。そういった最新機器を使うことで治療の成功率を上げることができるでしょう。入れ歯に不満を感じているならインプラント治療を受けるといいでしょう。

もっと読む

持続性と即効性

歯

定期的な歯のクリーニングをすることである程度綺麗な白さを保つことができます。それでも落ちない黄ばみはホワイトニングで落としましょう。昭島の歯科ではオフィスホワイトニングやホームホワイトニングが行なえます。

もっと読む

2回法が主流

病院

歯の並びを改善するときや歯が抜けた部分に使われるのがインプラントです。インプラントという治療は歯茎から顎へ装置を埋め込んで骨と馴染ませ、その土台の上に人工歯を取り付けるというものです。金属の装置を埋め込むので、それに抵抗を感じるという人も少なくありません。しかし、インプラントでは比較的アレルギーを起こしにくいチタンが使われているのです。それでも心配だという人のために、一部の歯医者さんではチタンではなくジルコニアという人工のダイヤモンドを用いて治療を行なっています。もし、インプラントを埋め込むのであればどんな素材のものを使うのかしっかり医師に確認しましょう。
インプラントの手術を行なうときに多くの歯医者では2回法という治療方法を行なっています。この方法ではその名の通り2回の手術が必要となるのです。まず、最初の診療で歯や顎の状態を細かく調べる精密な検査が行われるでしょう。ここできちんと下調べを行なうことで手術の成功率を上げることができるのです。精密検査で歯科用のCTを用いるというところは、歯の状態を立体的に診ることができるので安心できるでしょう。検査とカウンセリングを行なった後に土台となるインプラントを埋め込む手術が行なわれます。歯茎を切開して顎の骨に届くようインプラントを埋め込むのです。そして、装置と顎の骨が結合した頃に2回目の手術が行なわれます。この2回目の手術では土台と人工歯を繋ぐアバットメントと呼ばれる装置が取り付けられるのです。ここでも歯茎を切開する必要があるので人工歯を取り付けるまでに数週間時間がかかります。

歯の矯正装置の違い

白い歯

歯並びの悪さで悩んでいる人は高井戸の歯科で矯正ができるか相談してみましょう。多くの歯科ではブラケットを使って歯並びを整えることができます。治療中の見た目が気になる場合は透明なものや裏側につけるものを希望するといいでしょう。

もっと読む